矯正治療subjects

矯正治療について

女性の矯正認定医による女性と子供のための矯正治療

  • 「歯並びが気になるけど、どこに相談したらいいのかわからない」
  • 「矯正したいけど、男性の先生は抵抗がある」
  • 「どうせ治療をするのなら安心した先生に診てもらいたいわ!」

このようなお話をよくお伺いいたしますが、特に多いのが「どこの歯医者さんを選んだらよいのかわからない」ということです。
現在、一般の歯科医院でも約7万軒あると言われており、その中で『矯正歯科』を掲げている歯科医院は約27,000軒に及びます。
しかも今後更に矯正治療ができる歯科医院は増え続けると言われています。
患者様の立場から考えると、数だけ見ても「どこの歯医者さんがよいのか・・・」と悩んでしまいますよね。
そこで当院でのこだわりとともに、矯正治療を進める上で「大切なポイント」も合わせてご紹介したいと思います。

矯正治療の3つのこだわり

矯正認定医による矯正治療

矯正治療は、歯科の中でも特別な技術が必要な分野であり、むし歯治療とは異なる技術が必要です。また多くの矯正治療の経験を積んでいることも大切です。

現在の日本の法律では、歯科医師の免許があれば誰でも矯正治療をすることができるのですが、実際には矯正治療に十分な技術と経験がある医師と、残念ながらそうでない医師がいるのが現状です。矯正の専門教育を受けた医師は非常に少ないですし、さらに十分な経験を持つ歯科医師はさらに少ないのです。

当院では、日本矯正歯科学会認定医が在籍しております。
そのためより精度の高い矯正治療技術と抱負な経験がありますので、安心して治療を進めることが出来ます。
また今現在矯正治療に興味がある方は、是非矯正認定医がいる歯科医院で治療をすることをおすすめいたします。

女性が安心して通える歯科医院

当院には、お子様だけでなく、成人の女性の患者様も数多く受診いただいております。

当院では女性の矯正医が治療をしますので、「男性の先生は少し苦手だな・・・」と思われる方でも安心して通うことができます。

女性の矯正認定医は日本でも東京都内でもほとんどいないのが現状です。
そのため女性の患者様でも相談がしやすく、特に矯正のお手入れのことなど些細なことでも気軽にお伺いさせていただけます。

なかなか男性の歯科医師には言えないことも、率直に思ったことを聞ければ、きっと安心して相談できることも多いかと思います。

また、当院では1人1人の患者様が安心して通えるようにプライバシーを重視しております。矯正治療というものはある程度の期間がかかりますので、出来る限りリラックスをして安心して通っていただきたいと思っております。

歯のトータルケアができる歯科医院

一般的には、矯正の技術や経験が豊富な歯科医師の場合、多くは「矯正専門歯科」を掲げているので、もし矯正治療中にむし歯が見つかったとしても、他の歯医者さんに通わなければなりません。またもしむし歯の治療が出来たとしても、矯正治療がメインですので、むし歯治療技術が高くないこともあります。

当院では矯正治療以外の一般的な歯科治療の経験が豊富な院長がおりますし、マイクロスコープという機械を設置しておりますので、むし歯治療であっても精度の高い治療をご提供することが出来ます。

もしも矯正治療中にむし歯が見つかったとしてもその場で対応することが可能です。
また矯正治療だけで考えても、一般的に矯正医が常駐している医院は少なく、基本的には月1日しか矯正治療ができない歯科医院が多く存在します。

当院では女性矯正医が常駐しておりますので、もしも急なトラブルや相談があったとしても、いつでもフォローできる体制を整えております。

矯正治療の流れ
  1. 歯並びに関するお悩みやご要望をお伺いします

    まず患者さまの歯並びについてのお悩みやご要望をお聴きします。そして治療の概略についてご説明し、当医院での矯正治療の流れや費用などについてお伝えいたします。

  2. 検査を行います

    治療方法を検討する上で必要な検査(口腔内診査、お顔や口の中の写真撮影、お口の型採り、レントゲン撮影など)を行います。

  3. 診断結果のご報告と治療方法の説明をします

    検査から得られた情報をもとに、患者さまの現在の問題点を抽出し、治療目標と考えられる治療方法をいくつかご提示いたします。治療方法の決定に際しては、歯科医師側から一方的に意見を押し付けるのではなく、患者さまのご意見を伺いながら時間をかけて一緒に検討していきます。

  4. 確認書を作成します

    十分にご検討頂き治療方法が決まりましたら、改めてその詳細についてご説明します。そして矯正治療の確認書を作成させていただきます。矯正治療は通常、年単位の通院となる治療ですし、また高額な治療費がかかってきます。患者さまと歯科医師が同じ情報を共有し目標を持って治療を進めていくことは大切ですので、口約束ではなく当院では確認書を作成いたします。

  5. いよいよ矯正治療の開始です

    装置装着後は、基本的に1か月に1回の来院となります。来院時には、矯正ワイヤーの調整とブラッシングのチェック、クリーニングや歯石除去、必要に応じてフッ素塗布などの歯質強化を行います。矯正治療で歯を抜いたり、歯を動かすと、重なっていた部分に隠れた虫歯が見つかることがあります。その場合は、もちろん当医院で虫歯の治療も行えます。何かトラブルがあった時も速やかに拝見させていただきます。

  6. 保定処置に移行します

    歯が並び終わり矯正装置をはずした後、ただちに保定処置へと移行します。装置をはずした直後の歯は、何もしなければ少しずつ後戻りを生じてしまいます。動かした歯を支える骨や歯周組織が安定するまで保定装置を装着していただきます。約3か月に1回の来院となります

当院の矯正治療の種類

子どもの矯正治療

  1. 取り外しのできる装置を用いた矯正
  2. 前歯のみの矯正

子供の矯正治療は、正常な成長・発育を促す目的があります。大人の歯がすべて生えそろうまで、お口の中の健康状態を定期的にチェックしていきます。

大人の矯正治療

  1. 目立たない表側からの矯正(セラミックブラケット)
  2. 丈夫な金属でできた表側からの矯正(メタルブラケット)
  3. 部分矯正:前歯のごくわずかなデコボコを治したり、歯のすき間を閉じたりします。
  4. 補綴前治療:より良い状態で被せ物治療ができるように、歯を動かします。
  5. アンカースクリューを用いた矯正:歯を大きく動かしたい時など、固定源の強化を目的として歯ぐきの骨に一時的に小さなスクリューを埋め込みます。
よくある質問集
  • Q

    何歳くらいからできるの?逆に何歳までできるの?

    A

    当院では小学校3年生くらいからスタートすることが多いです。それよりも早い年齢からスタートする場合は、取り外しが可能な装置を使用することがありますが、矯正治療の場合は「なぜ治療が必要なのか?」ということをお子様が理解することも重要だと考えています。
    また当院の場合では80歳を超える方でも部分的な矯正治療をしたこともございます。
    成人の場合では当院では女性では、30歳前後で治療をスタートされる方が多いかと思います。ある程度金銭面でゆとりが出来たので、矯正をしたいと相談を受けることがよくありますよ。

  • Q

    見えない(マウスピース)矯正治療ってどうなの?

    A

    ごくわずかなデコボコであれば治る可能性がありますが、部分的であっても高額な費用がかかってしまいます。また歯を1本1本コントロールできるわけではないので、治療の確実性が低いとも言われております。そして何よりもその装置を患者様ご自身が使わなければ治りません。24時間つかっていないとすぐに戻ってしまうことも考えられます。
    部分的な矯正には適していますが、歯の1本1本コントロールする必要がある場合には、効果が出にくい可能性があります。

  • Q

    でも矯正治療を見られるのが恥ずかしい・・・

    A

    以前は見えない治療も当院では行っていました。歯の裏側の矯正治療も行っていましたが、想像以上に大きな装置は入るので、舌が傷ついてしまったり、話づらいと訴えられることも多かったですし、治療としても直に見ることが出来ないので、結果的に治療の質が落ちてしまうこともありました。
    「矯正治療の目的はなにか?」ということを患者さまと話すうちに、見えない治療よりもより治療の質の高い矯正治療を当院では行っております。

  • Q

    期間はどれくらいかかるの?

    A

    小児はお子さまの成長によるため一概には言えませんが、部分的な治療だけであれば1年もかかりません。一般的には成人でも若ければ若いほど歯も動きやすいと言われております。全体的な治療の場合ですと、中~高校生なら1年半ほどの期間かと思います。
    他に既に治療をしている場合などは長期間になり2~3年かかることもあります。

  • Q

    子どもが矯正をしているといじめられたりしないの?

    A

    今では矯正治療というものは当たり前になりつつなってきています。むしろお子様の中では積極的に矯正治療に取り組んでいる事も多いです。

  • Q

    痛みはどれくらい出るの?

    A

    質の高い矯正治療をしようとするのであれば、残念ながら全く痛くないということは難しいのが現状です。痛みが出やすいのは、ワイヤーをつけたタイミングですが長くても3~4日ほどで落ち着いてきます。
    毎月ワイヤーを交換していきますので、ある程度痛みは消えていきます。
    ただし、治療を開始するときには、大事なイベント(旅行)など避けていただいたほうがいいかと思われます。