ダイレクト
ボンディングdirect bonding

むし歯治療やすきっ歯を短時間で美しく
~より自然な仕上がりを目指して~

当院のダイレクトボンディング治療はこんな症状の方におすすめです

  • 金属の詰め物が気になる
  • 前歯の隙間が気になる
  • 忙しくて複数回の通院が難しい
  • 歯の変色が気になる
  • 金属アレルギーが気になる
  • 歯の大きさがバラバラ

比較的小さなむし歯の治療跡や、前歯の隙間や欠けている部分をキレイにした時に、オススメなのが「ダイレクトボンディング」という治療方法です。比較的進行しているむし歯治療のように、型取りをする必要もなく、ペースト状のハイブリッドセラミックを歯に盛り付けていく事で治療を行います。その為、従来のむし歯治療よりも短期間で、尚且つより美しい仕上がりになります。歯科用のプラスチックの進化により、患者様お一人お一人の歯の色や形に合わせながら、ダイレクトボンディングによって短期間で治療することが可能となりました。

天然の歯のような自然な歯を実現可能に!

本来の天然の歯と言うものは、明るく透明感のあるエナメル質、色が濃く透明性の低い象牙質(ぞうげしつ)、神経や血管のある不透明な赤色の歯髄(しずい)の3種類の構造が重なりあって作られております。従来の歯科用プラスチック(レジン)では、このような歯複雑な質感や色合いを再現することが困難でした。
 しかし近年、透明感や色調が豊富に揃った審美修復用プラスチックが開発され、多数の色調を組み合わせることによって、天然の歯のような自然な歯を再現することが可能となったのです。

ダイレクトボンディング治療のメリット

① 歯を削りすぎない

歯に直接、ペースト状のセラミックを積み重ねていくので、セラミックのかぶせ物をするときのように、健康な歯を削る必要がありません。一般のむし歯治療で行う場合よりも、歯を削る箇所を必要最小限に抑える事ができるのです。自分自身の健康な歯を守り続けるためには、出来る限り歯を削らないという事はとても重要です。

② 修理が簡単

積み重ねて治療をするために、例えば数年後に劣化などによって破損した場合も、比較的簡単に修復することが可能です。

③ 歯の形を簡単に修正できる

ダイレクトボンディング治療は、ハイブリッドセラミックを直接積み重ねていく事で歯の形を変えたり、歯の面積を広げる事ができるのです。そのため、前歯の部分の隙間(すきっ歯)やわずかな捻れも矯正せずに短期間で整える事が可能です。

榎本歯科医院のダイレクトボンディング治療の流れ
  1. 歯肉炎、歯面清掃など口腔内環境を整える

  2. 歯を削り(形成)、接着剤を塗る

  3. 光を当てて接着剤を固める

  4. プラスチックのペーストを、形を整えながら詰めていく

  5. 詰めたプラスチックを光で固める

  6. 詰めたプラスチックの形を整え、磨いて仕上げる

ダイレクトボンディングにおける注意点!

ダイレクトボンディング自体は非常に短期間で、より美しい見た目を再現することが出来る治療ですが、注意点もあります。もし検討されている方は、よく読んでいただきまして、当院スタッフにもご相談ください。

歯のメンテナンスは必須

プラスチックでカバーしているからといっても必ずむし歯にならないわけではありません。そのため、今まで以上に正しいケアの方法を知り、歯磨きなどを行う事が重要になってまいります。また、それだけではなく、歯医者さんで歯磨きでは取り切れない歯の汚れを定期的に行う事が必要となってまいります。

歯ぎしりや食いしばりが強い方は要注意!

ダイレクトボンディングはあくまでプラスチック製ですので、強い力がかかると欠けてしまう可能性があります。歯ぎしりや食いしばりが強い方は、奥歯には治療出来ない場合もございます。その際には、歯ぎしり用のマウスピースの製作を相談していただければと思います。