むし歯治療Cavity

できる限り削らない、
痛みの少ない、高度なむし歯治療
~マイクロスコープを用いた精度の高い治療へのこだわり~
  • 「むし歯の治療は出来るだけ痛みが少ない治療をしてほしい・・・」
  • 「どうせ治療をするなら、ちゃんと説明してくれる歯医者さんが安心できるわ」
  • 「丁寧ない治療をしてくれる歯医者さんがいいな」

このように思われている方は、当院でのむし歯治療をお勧め致します。
当院では、患者様とのコミュニケーションを特に大切にしております。初めて当院にご来院いただいた方とお話をさせていただくと、

「前の歯医者さんは特に説明もされずに、歯の治療をされて気づいたら治療が終わっていて・・・どんな治療をしたのかさえも説明してくれなかったんです」

ということを稀にお伺いするのですが、私はそのような話を聞くたびにとても悲しい気持ちになります。
当院では、患者様に対して、現状のお口の中でむし歯がどのように進行しているのか、治療をするのであれば、具体的にどのような治療をしてくのか、ということを患者様ご自身に納得していただけるように説明をすることを徹底しております。

残念ながら、ご自身の歯を削ってしまったら、元に戻ることはありません。むし歯になってしまったら、最善の方法で治療をしなければなりません。
当院では、むし歯になってしまった歯であっても、少しでも患者様自身の歯を残せるように、できる限り削らない、精密なむし歯治療にこだわっております。

① マイクロスコープを用いたむし歯治療

マイクロスコープというのは歯科用顕微鏡のことで、肉眼の約最大20倍まで拡大して診る事ができることが出来る装置です。 マイクロスコープを導入している歯科医院は全国でも約3%と言われており、導入している歯科医院はまだまだ少ない状況です。しかしながら当院ではいち早くマイクロスコープを導入し、精度の高いむし歯治療を行っております。

「精度の高い治療ってどういうことなの?」

多くの歯科医院では、歯科医師が自分の肉眼で患者様のお口の状態を確認したり、むし歯の治療を進める事が一般的です。ですがお口の中というのは非常に見えづらく、歯を削る治療となると、ミクロ単位の精度が求められます。

多くの歯科医院の場合はどのように治療を行っているかと言うと、
歯科医師の経験と勘で治療をしてしまっているのです。もちろん経験や勘などが必要になる場合もあります。しかし肉眼のみに頼って治療をすることは、肉眼では見えないわずかなむし歯を見落としてしまったり、逆に必要以上に歯を削ってしまうことにも繋がります。

できる限り自分の歯を残すことが、患者様のその後のお口の健康には重要になってくるのです。

当院では、歯科医師の経験だけに頼ることなく、本当に治療をしなければならない部分だけを取り除けるように、マイクロスコープという機械を使って治療を致します。
(保険外治療のみ使用致します)

② 歯科用CTを用いた正確な診断

また当院では、マイクロスコープだけでなく、歯科用のCTも導入しております。
歯科用のCTを導入している歯科医院は、全国でも5,4%と言われており、こちらもまだまだ一般的に普及しているわけではありません。
当院では、最新の治療設備を整えることにより、より良い治療を患者様にお届けしております。
歯科用CTとは、従来の歯科医院のレントゲン写真は平面(2次元)でしたが、歯科用CTではお口の中を立体画像(3次元)で撮影することが出来ます。それにより今まで見る事が出来なかった顎の骨の立体的な形態や、神経の位置把握、更に骨密度の診査にも活用することができるのです。

歯科用CTは、むし歯治療だけでなく、インプラント治療や親知らずの抜歯、歯周病の診断などにも活用することが出来ます。ただし、多くの歯科医院では歯科用CTを導入している医院は少ないために、正確な診断をすることが難しく、また歯科用CTでの撮影のために、他院に撮影に行って頂かなくてはならない、などの手間もかかります。
当院で治療をする場合には、その場で正確な診査結果をお伝えすることが出来るので、患者様の手間も少なく、より安全な治療を受けることが出来るのです。

単にお口の中だけでなく、目では見ることのできない神経の状態なども把握したうえで、患者様のお口の中の状態を相談しながら、治療をどのように進めていくのかという事を一緒に決めていくことが出来ますので、より安心した治療を受けることが出来るのです。

③ 痛みの少ない麻酔の工夫

むし歯治療において、最も痛みを少なくするために必要なことは、麻酔の工夫です。削る処置をする前に、正確な麻酔を行うだけで、痛みの感じ方は劇的に変わります。
当院では、そのようにできる限り痛みの少ない治療を行うために、麻酔をする際にもこだわっております。